むし歯 根管治療

根管治療の失敗の理由|歯の神経の治療

「無菌環境であれば、根尖性歯周炎は起こらない」

「細菌感染がなければ、根尖性歯周炎は起こらない」

根管治療の失敗は細菌感染によるものです。

つまり根管治療とは細菌の繁殖しにくい環境を作り

可及的に細菌の総数を減らし、新たな細菌の侵入を防ぐことです。

 

つまり新しい根管治療の器具(マイクロスコープ、Ni-Tiファイル、MTA、CBCTなど)を使うことよりも

重要なのはいかに細菌感染に配慮することかということです。

ラバーダムをしない根管治療は細菌感染しやすいといえます。

 

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯の神経の治療(根管治療)についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

-むし歯, 根管治療