歯科関連

親知らずのむし歯|上顎第三大臼歯の抜歯

2016/07/03

8caries

 

上の親知らず(第三大臼歯)のむし歯は気づかないうちに進行していることがあります。

自分で鏡で見ることもできません。そして上手にハミガキするのは困難です。

 

いざ親知らずの治療をしようとしても

お口の開口量や治療器具の到達のかねあいで、治療が非常に煩雑になりがちです。

 

ほかの歯が悪くなった時に歯の移植するという選択肢もありますが

むし歯になりかけている場合は、予防的に抜歯を行う事をおすすめします。

 

歯の生えるスペースの不足した若いヒトでは、

親知らずを残しておくことによるメリットはあまりありません。

歯茎の腫れや痛み、歯並びが悪くなる、歯周病や虫歯になるなどの原因になります。

手前の歯(第二大臼歯)の隣接面がむし歯になることは避けたいですね。

 

親知らずの相談や抜歯なら

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

-歯科関連
-,