研修報告|学会 セミナー

口腔感染症から全身を守る歯科医療

2016/07/03

口腔感染症から全身を守る歯科医療

~糖尿病から震災後肺炎まで~

にしだわたる糖尿病内科 院長 西田亙先生

5月7日 佐賀県保険医協会主催の医科歯科合同研究会を受講しました。

 

「震災後肺炎」

非常に重要なテーマを教えていただきました。

平時からの専門的口腔ケアの有無が

震災後肺炎罹患に非常に大きな影響及ぼすとのことです。

 

” 口腔感染症のおそろしさと口腔ケアの重要性 ”

元気なからだは日頃の口腔ケアから」日本医師会より(以下抜粋)

日本人は口の中の健康意識が低いといわれています。

歯周病は糖尿病や心筋梗塞の原因になることも。

健康寿命を延ばすためにも、日頃から口腔ケアを心がけて

口の中を清潔に保つようにしましょう。

http://www.med.or.jp/people/opinion/tukidashi/popup/20150527s.html

 

日本医師会でも口腔ケアの重要性が取り上げられています。

 

” 糖尿病と歯周病は炎症で繋がっています ”

歯周病が良くなると

1 血糖値が下がる

2 正常な味覚が戻ってくる

3 野菜やご飯がおいしくなる

4 体を動かしたくなる

5 糖尿病が良くなる

 

糖尿病激増の主原因は

「運動不足」「高脂肪食」「単純糖質」「夕食の摂取時間」

とにかく某コーヒーのフラペチーノはおいしいけど

糖尿病になるから、やめたほうがいいと強調されていました。

 

口腔ケアの重要性を再認識する機会となりました。

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

-研修報告|学会 セミナー