オーラルフレイル 研修報告|学会 セミナー

「フレイル」を知ってしますか?

2016/07/03

『虚弱』のことを、今は

『フレイル』(Fraililty)と言います

日本老年医学会が提唱しており

高齢で筋力・活力が衰えた段階をいいます

 

フレイルの要件

このうち三つ以上該当する

□ 1年間で4~5キロの体重減少

□ 疲れやすくなった

□ 筋力(握力)の低下

□ 歩行スピードの低下

□ 身体の活動性の低下

米国老年医学会の評価法から

フレイルの予防法

① たんぱく質、ビタミン、ミネラルを含む食事

② ストレッチ、ウォーキングなど定期的に

③ 身体の活動量や認知機能を定期的にチェック

④ 感染予防(ワクチン接種を含む)

⑤ 手術後は栄養やリハビリなどケアを受ける

⑥ 内服薬が多い人は(6種類以上)は主治医と相談

(新井秀典・京都大教授による)

(引用元:朝日新聞2014年5月8日 朝刊6ページ 東京本社)

『口腔の虚弱』を『オーラルフレイル』といいます。

オーラルフレイルがこれからの歯科医療の重要キーワードになってきます。

 

 

『フレイル・オーラルフレイルと後期高齢者歯科検診』

(飯島勝矢先生・平野浩彦先生)

セミナーに参加し、勉強しています。

 

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792
 

-オーラルフレイル, 研修報告|学会 セミナー