研修報告|学会 セミナー

う蝕診断の国際基準(ICDAS)セミナー参加

2016/09/26

学際企画主催

「う蝕診断の国際基準(ICDAS)判定法と臨床での導入事例の実際」

講師 花田信弘先生 北村雅保先生 杉山精一先生

 

セミナーに参加してきました。

健康長寿2つのポイントは「細菌」と「栄養」

①ハミガキによる菌血症予防が長寿の秘訣

②補綴によるタンパク質低栄養(隠れ肥満)の予防が長寿の秘訣

歯科疾患はバイオフィルム感染症であるため、薬だけでは治りません。

 

むし歯(以下:う蝕)に対する考え方も変化しております。

【これまでの考え方】

う蝕は不可逆的に進行:う蝕になったら回復は困難

【これまでの考え方に加えた新しい考え方】

初期う蝕は可逆的変化:適切な管理による再石灰化で健全な状態に回復する可能性

 

エナメル質初期う蝕の診断としてICDASという評価方法があります。

う蝕の発生・進行プロセスによる評価方法です。

【診査方法】

対象歯の選択

平滑面:近遠心面、頬舌側面、頬側面溝、舌側面溝

咬合面:近心および遠心

根面

歯面清掃後、歯面乾燥を5秒間を行い、診査します。

 

参考サイト:ICDAS Learning Japan

dsc_0182

 

当院でもICDASを取り入れ、う蝕マネジメントを行ってまいります。

福岡県柳川市 石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

 

-研修報告|学会 セミナー