根管治療 歯科関連

どうしてラバーダムが必要なのか?

2017/01/30

根管治療を行っている歯は開放創です。

根管治療している歯の中は血流がないので

細菌を排除できるのは歯科医師だけです。

生体は何もできません。

薬でも治りません。

DSC_0203

健全な歯質がなければ、ラバーダム装着は困難となります。

根管治療を成功させるためには、まず臨床診断が重要です。

感染根管をなんでも治せるわけではありません。

その次に、無菌的処置の原則を守らないといけません。

無菌的処置の本丸にいるのが、ラバーダム防湿です。

唾液が流れ込むような環境での根管拡大、形成は

単に感染経路を拡大しているに過ぎないのです。

DSC_0201

網状になっている根管が細菌感染しないためにも

なるべく神経を保存する。

そのためにはむし歯にならない。

予防が大切だと思います。

root

 

福岡県柳川市の石井歯科医院

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

-根管治療, 歯科関連