歯周病 歯科関連

タバコと歯周病って関係あるの?

喫煙は歯周病のリスクファクターです。

リスクファクター:ある特定の疾病(disease)に寄与する危険な要素

NHANES(米国の健康と栄養に関する全国調査)をもとにしたScottら(2000)の研究によれば

喫煙者は非喫煙者に比べ歯周病にかかりやすく

さらに喫煙本数が多いほどリスクが増すことがわかっています

 

歯周疾患の進行速度は、Bolinら(1993)の研究によると

喫煙者は非喫煙者に比べ2倍速く、喫煙した被験者は喫煙を続けたものに

比べ進行が遅くなることを報告している

 

Kaldahlら(1996)の研究では喫煙本数による差がなかったことから

喫煙本数を減らしても影響はなくならないことが報告している

過去の喫煙者と非喫煙者に差がないことから

禁煙すれば影響がなくなることを示唆している

 

上記引用:歯周病岳の迷信と真実 (著 関根愉・小牧令二)

 

歯周病治療の効果をよりひきだすために

禁煙することはベストな選択です

喫煙は歯周病だけでなく

お口の中でいろいろなトラブルを引き起こします

歯科治療をきっかけに禁煙を考えるのもおススメです。

 

福岡県柳川市の石井歯科医院

歯周病についてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

-歯周病, 歯科関連