歯科関連

肺炎予防とお口のお手入れ

順位 全体
1位 悪性新生物 28.7% 悪性新生物 32.8% 悪性新生物 24.3%
2位 心疾患 15.8% 心疾患 14.2% 心疾患 17.6%
3位 肺炎 9.9% 肺炎 10.1% 脳血管疾患 10.5%
4位 脳血管疾患 9.7% 脳血管疾患 8.9% 肺炎 9.6%
5位 老衰 4.8% 不慮の事故 3.6% 老衰 7.7%

 

肺炎は日本人の死因 第3位です。(平成24年)

肺炎の死亡者の約95%が65歳以上の高齢者といわれています。

特にお口の中の細菌が肺まで届いて炎症を起こすものを

誤嚥性肺炎といい、嚥下機能低下した高齢者に多く見られます。

誤嚥:食道に入る食べ物や唾液が誤って気管に入ることです。

 

お口のお手入れと誤嚥性肺炎の関係

誤嚥性肺炎の原因となる細菌のほとんどは、

お口のお手入れ不足のために、

増えてしてしまったものです。

日常のハミガキや入れ歯のお手入れをしっかりしましょう

高齢者になると唾液分泌能の低下により

プラーク堆積しやすくなり、肺炎リスクが向上します。

そこで定期的なプロフェッショナルケアでお口の中を

きれいにすると誤嚥性肺炎のリスクを減らすことができます。

 

福岡県柳川市の石井歯科医院

口腔ケアについてお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせは

TEL : 0944-73-7792

 

-歯科関連